つけ麺について

※濃厚な昆布と鰹の水出し(火を入れない)が麺に絡まっています。

初めは塩を少し麺につけて麺だけで、後、つけ麺としてお召し上がり下さい。

後半に湯河原産の柑橘を絞ってさっぱりと(入れすぎ注意)お召し上がり下さい。

麺の器に残った水出しが、スープ割に出来ます。